ヨガ×バレエ×ピラティス

身体を見直すパーソナルバレエ

バレエを大人になってから

初めてみたけれど・・・。

身体の使い方が合っているのか

考えた事ありますか?

こんなことを感じていませんか?

近年では大人になってから

バレエを習い始める方も多いですが

こんなことを感じている方も多いのではないでしょうか。

・綺麗にパ(振付)をできない

・レッスン後に筋肉に変な感覚が残る

・O脚などの体型が気になってくる

・膝、腰が痛い etc・・・

パーソナルバレエでは個々の身体の

特徴に合わせて

トレーニングメニューを組みます。

マスターストレッチやその他を使いO脚改善など

ダンサーの悩み解決にぴったりです!

なぜ??
パーソナルでバレエを受けるメリット

私自身プロのダンサーとして活動していましたが

ダンス業界の現状はこのような悩みを

持つ方が多い印象でした。

 

・振付にばかりこだわり身体に負荷がかかる

(関節や靭帯など)

・特異な筋肉ばかり使用するので

脚のラインが太くなる

・歩く時にガニ股になりすぎる

(ターンアウトの癖で)

 

これらを改善するために

振付を美しくかつ身体に負担をかけない為に
アプローチ例1

マスターストレッチを使用したムーブメント

 

ハムストリング、臀筋、背骨、胸部、肩周り

ストレッチと同時に体幹部の筋肉トレーニング

することが可能です。

 

流れで動きながら全身を動かすことで

振付をこなすときに必要な

 

・全身を連動させて動かす

・バランス力に必要なインナーを養える

・普段使いにくいハムストリング、臀筋をほぐす

 

“使える身体”

目指す為に最適なエクササイズを行います。

使える筋肉を養い身体をコントロール

バレエやダンスで必要なのは

いかに自分で

身体をコントロールできるか

アプローチ例2
フロアエクササイズで意識する

ジャイロキネシス®︎などの

フロアエクササイズで体重を支えながら

広背筋や腹横筋、腹斜筋など必要な筋肉を

意識的に使用させます。

立位で確認
身体の感覚の変化に気づく

立位でパ(振付)を行いながら

フロアで意識した筋肉を使う!事で

腸腰筋を縦に長く強く使用する感覚

分かりやすくなり

身体をコントロールして

動かすことが出来ます

正しいターンアウトを身に付ける
  • バレエには決まった脚の

    ポジションがありますが

    そのほとんどが股関節を外旋させた

    ターンアウトの状態です。

     

    このときに意識したいのが

  • ターンアウトは

    股関節から外旋させる事

    これが意外と出来ていない方が多いんです。

     

    開こうと意識しすぎて

    股関節の外旋よりも

    膝下、さらに足首の外転が

    強くなる傾向があります。

    そのままエクササイズを続けると

     

    足首、膝、股関節を

    痛めてしまう可能性があります。

     

    自分の可動域を先ずは知って

    正しく可動を広げていく為に

  • ストレッチやトレーニングなど

    個々に必要なエクササイズを

    ご提案いたします!!

店舗名

Body Review Studio Roots
住所 〒151-0053 東京都渋谷区 JR代々木駅から徒歩2分
代表TEL 080-2378-5252
営業時間 各トレーナーにより異なります。
担当のトレーナーよりご確認をお願い致します。

トレーナー一覧 https://yuki-personal-110.com/staff/
定休日 不定休
クレジットカード
最寄駅 新宿サザンテラスから徒歩5分JR代々木駅から徒歩2分
ご紹介

Body Review Studio Roots はプライベートジムでの パーソナルトレーニングです。 トレーニングオンリーではなく スポーツマッサージなどやオイルマッサージなどの施術&治療をも対応しています。 30前後〜60歳くらいの女性が方々の利用が多く トレーニングのみだけではなくボディケアも含めて様々なニーズの方に ご利用頂いております。
room
ACCESS
プライベートジムになっておりますので
体験トレーニングをお申し込みの方にのみ
スタジオ詳細をお伝え致します。